米中対立、市場揺らす キオクシア上場延期
輸出規制に懸念、活況の株式公開に影 ハイテク株の上値重く

2020/9/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米中摩擦が株式市場に重くのしかかってきた。日本の今年最大の新規株式公開(IPO)とみられてきたキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は延期を決めた。半導体関連など株高をけん引してきた世界のハイテク株も上値が重い。ハイテク分野の2強国による供給網の「分断」を通じて、幅広い企業に影響が波及している。

NAND型フラッシュメモリーで世界2位のキオクシアHDは28日、10月6日を予定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]