大機小機菅内閣と黒田日銀の新連携

2020/9/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

菅内閣発足後、黒田東彦日銀総裁は金融政策運営につき2つの注目すべき発言を行っている。第1は、17日の金融政策決定会合後の記者会見で、「私の任期は2年半ほど残っているが、途中で辞めるつもりはない。23年4月までの任期を全うするつもりだ」と明言した点だ。第2は、23日の菅義偉首相との会談直後「政府、日銀が十分に意思疎通し、しっかり連携して政策運営を行ってゆくことで菅総理と意見が一致した」と述べたこと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]