テレワークの生産性 日本企業、目立つ低下

2020/9/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コロナ禍が長期化するなか、「オフィスとテレワークのどちらが生産性が高いか」を巡り、世界の企業の対応が分かれている。

カナダのネット通販大手、ショッピファイは5月、21年までオフィス再開を見合わせ、従業員の多くは恒久的にテレワークすると発表した。米保険大手のネーションワイドは在宅勤務の標準化に合わせオフィス縮小も検討する。

一方、米アマゾン・ドット・コムは8月、全米6都市のオフィス整備に14億ドル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]