第一生命、外国株を全てESG運用 4000億円投資

2020/9/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

第一生命保険は2020年度内に外国株式での運用を環境と社会貢献、企業統治(ガバナンス)を重視するESG投資に全面的に切り替える。約4千億円の運用の基準にESGに着目した株式指数を採用し、指数の採用銘柄に投資する。ESGに取り組む企業への資金流入が一段と加速する。

第一生命は約36兆円の運用資産を持つ有数の機関投資家。外国株でESGを全面的に採用するのは国内の大手金融機関で初めてで、米MSCIの指…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]