/

この記事は会員限定です

「叱る」か「怒る」かが境界線

[有料会員限定]

かつて仕事で後輩を「叱った」ことが何回かあるが、内容を覚えている。「これは言わねば」「どう伝えれば分かってくれるか」と考えながら話したからだ。自分がキレて後輩に「怒った」こともあるが、何を言ったか覚えていない。今の基準からすると、後者はパワハラになりかねなかった。

厚労省はパワハラ防止法の施行に合わせ「パワハラ6類型」を示したが、複雑だし限定的だと思う。企業人は6類型を勉強す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン