春秋

2020/9/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

テレビ番組のタイトルがごっちゃになって口をついた。「ナゼそこに?ポツンと日本人?」。昨秋、東欧のブルガリアを取材で訪れた時のこと。プロブディフ市の公園で桃太郎の像に出くわしたのだ。イヌ、サル、キジを従えて額に手をかざし、遠く鬼ケ島を見ている。

▼姉妹都市縁組の20周年を記念し、岡山市から1992年に贈られたという。聞けば、東京五輪では同市がブルガリアのホストタウンとなるそうだ。子どもらが、この地に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]