米最高裁、保守派が圧倒 後任判事にバレット氏指名
反「中絶・移民」に傾斜

2020/9/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮】米連邦最高裁判所で、トランプ大統領の価値観に近い判事が安定多数となる可能性が高まった。最高裁が人工妊娠中絶や移民の受け入れに否定的な立場へと傾くことを意味する。トランプ氏が再選を逃しても判事は代わらず、最高裁には長期にわたりトランプ氏の今回の人事の影響が残る。(1面参照

「彼女の能力は他の追随を許さず、経歴に一点の曇りもない」。トランプ氏は26日、ホワイトハウスで読み上げ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]