/

この記事は会員限定です

ロシア産原油、値引き額縮む 3カ月で10分の1に

中印など買い支え G7制裁の効果限定的か

[有料会員限定]

ロシア産原油の国際指標原油に対する値引き額が縮小している。経済制裁で西側諸国の買い手が減るなか、ロシアが割安な価格を設定したことで中国やインドなどが輸入を拡大。景気悪化への懸念で原油の国際価格は下落しているが、需要が高いロシア産は国際価格ほど下がらないためだ。ロシアの収入を絞るため、主要7カ国(G7)は12月からロシア産原油の輸入価格に上限を設けるが、その効果は未知数だ。

主にアジア向けに輸出さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1300文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません