旭化成、石炭火力ゼロに 工場用の自家発電 環境負荷に配慮

2020/9/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

旭化成は2030年までに工場の電力を賄う自家発電用設備で石炭火力の使用をゼロにする。自社の水力発電所の発電能力の増強などで代替する。米アップルなどの有力企業は環境負荷の高い電力で生産した製品を買い控える動きを見せている。政府が環境規制を強めるなか、より収益に直結する民間取引が企業に「脱石炭」を迫っている。

旭化成は宮崎県に6カ所ある水力発電所に最新の設備を導入し、26年ごろまでに発電能力を現在に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]