肥満者、感染しやすく 米大分析、死亡リスク1.5倍

2020/9/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症に対する肥満のリスクが改めて浮き彫りになってきた。米大が世界約40万人の患者を調べたところ、肥満でない人に比べて感染するリスクが約1.5倍、重症化リスクは約1.7倍、死亡リスクは約1.5倍それぞれ高かった。専門家は長引く自粛生活は肥満につながる恐れがあり、食生活の改善や適度な運動が大切だとしている。

米ノースカロライナ大学などは世界で1~6月に実施された75件の研究から肥…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]