/

この記事は会員限定です

星空を守る街明かり

岡山の美星町地区 「保護区」認定へ街灯改良

[有料会員限定]

なだらかな高原にある岡山県井原市の美星町地区が、国際的な「星空保護区」の認定を目指している。約400の街灯を、上空に光が漏れにくいように改良したタイプに交換し、来春にも認定申請する。市の担当者は「50年後、100年後の世代に、美しい星空を残したい」と語る。

星空保護区は、夜間の光害対策に取り組む「国際ダークスカイ協会」(本部・米国)による認定制度。国内では沖縄県の西表石垣国立公園が認定されており、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン