/

この記事は会員限定です

OLC、遠い運営正常化 続く入場制限

東京ディズニー新エリア、開業5ヵ月遅れ

[有料会員限定]

オリエンタルランド(OLC)は「美女と野獣」などの世界をイメージした東京ディズニーランド(TDL)の新エリアを28日に開業する。新型コロナウイルスの影響で予定から5カ月遅れる。目玉コンテンツの一つに据える戦略だが、通常の半分以下とする入場制限は来年1月末まで続く見通し。運営の正常化には時間がかかりそうで、収益の回復は依然見込みにくい。

新エリアの敷地面積は約4万7千平方メートルで事業費は約750億円。高さ約30メー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン