減損倍増、最大の4.2兆円
前期に車や鉄鋼が巨額計上、今期も相次ぐ懸念

2020/9/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の上場企業が2020年3月期に計上した減損損失が過去最大の4兆2768億円にのぼったことが日本経済新聞の集計で明らかになった。自動車や鉄鋼などで数千億円規模の減損が相次いだ。新型コロナウイルスの影響が合理的に見積もれないとして減損計上しなかった企業もあり、今期以降も業績回復の重荷になる可能性がある。

企業財務データベースの日経NEEDSで07年3月期から継続比較できる上場企業1952社の20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]