生命を問い直す契機に 生物学者(テーマ事業) 福岡伸一氏

2020/9/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コロナ禍で生命とはいったい何かが問い直されている。どれくらい具体化できるか分からないが、70年万博の「太陽の塔」に代わるような「生命の塔」をつくりたい。38億年の生命の進化にある5つの大きなパラダイムシフトを仮想現実(VR)などで体験し、「ポストコロナ」の生命哲学を感じられるタワーだ。

20世紀にDNAの二重らせん構造が発見され、複製することだけが遺伝子の目的という「利己的遺伝子論」が広がった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]