/

この記事は会員限定です

コカ・コーラ、キリンと連携 健康飲料開発で

ライバルの素材活用

[有料会員限定]

日本コカ・コーラは商品開発でキリンホールディングス(HD)と連携する。キリンHDの独自素材「プラズマ乳酸菌」で健康飲料を開発する。大手飲料メーカーが競合の技術を使うのは珍しい。健康分野を強化したい日本コカと素材の販売増加を目指すキリンHDの思惑が一致した。国内の清涼飲料市場が縮むなか、有望分野を軸に連携が進む可能性がある。

プラズマ乳酸菌は機能性素材で、健康な人の免疫維持を助けるとされる。免疫分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン