/

この記事は会員限定です

造船・鉄鋼、「脱国内」シフト 生産能力3割過剰も

三井E&S、建造から撤退 日本製鉄は海外拡大に活路

[有料会員限定]

造船や鉄鋼業界が国内生産設備の能力削減に動き出した。三井E&Sホールディングス(HD)は国内の船舶建造からの撤退を決め、日本製鉄は生産拡大の場を海外に移す。中国や韓国の企業の攻勢に新型コロナウイルスに伴う需要減が重なり、国内の生産能力は今後、約3割が過剰になる可能性がある。雇用も見直しが必要になる。

三井E&SHDは8月、国内での造船建造から実質的に撤退する方針を明らかにした。傘下の小規模な造船所を除き、商船や艦船などの建造の大半...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン