川のカレイ 生存の謎解明 東京海洋大

2020/9/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京海洋大学の吉崎悟朗教授らは川に生息するカレイが、海から川へ進出できた仕組みを解明した。海の魚が生きていくのに欠かせないドコサヘキサエン酸(DHA)を自ら合成するすべを身につけていた。養殖魚の改良にも応用できると期待している。

海水魚はDHAをエサからとる。海はDHAを含むエサが多い。川にはほぼないが、川で生活するようになったカレイがどうやってDHAを手に入れているのかはよく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]