中国向け軸に製造業回復 日銀福岡支店長 冨田淳氏 消費は賃金動向注視

2020/9/26付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言の解除後、九州・沖縄経済は持ち直しの兆しを見せている。日銀福岡支店は11日発表した金融経済概況で、景気判断を上方修正した。ただ、今後コロナの再拡大などで、経済が再び冷え込む懸念もある。8月に着任した冨田淳支店長に、今後の見通しなどを聞いた。

――足元の景況感をどう評価しますか。

「4~6月と比べ、7~9月は中国向けの生産や輸出を軸に回復の動きが出て、底打ちした…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]