経営の視点SI栄えてDX滅ぶ? 利用企業、知識の蓄積を シリコンバレー支局 奥平和行

2020/9/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大により世界で利用が急増したビデオ会議システム「Zoom」。米運営会社の日本法人代表、佐賀文宣氏は今春の状況を思い出すと今でもひやりとする。「どうにか間に合ってよかった」。こう振り返るのは大手SI(システムインテグレーション)企業との契約締結のことだ。

Zoomは米国などでは利用企業にサービスを直接販売する事業モデルを採る。一方、日本では情報システムの構築や運用を請け負…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]