/

この記事は会員限定です

笙野頼子「タイムスリップ・コンビナート」 横浜市鶴見区

そこは高度経済成長の遺跡なんです

[有料会員限定]
<訂正> 26日付夕刊文化面「文学周遊」の記事中、「扇島駅」とあったのは「扇町駅」の誤りでした。

「マグロともスーパージェッターとも判らんやつ」から謎の電話がかかってくる。カフカの「変身」を思わせる不条理な事態に巻き込まれた主人公は毒虫に変身こそしないが、JR鶴見線の海芝浦駅まで出掛けることになる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン