全国の警察、自転車の摘発2万件 昨年、信号無視1万2000件超

2020/9/25付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

全国の警察が2019年1年間に摘発した自転車の違反行為が初めて2万件を超え、2万2859件だったことが25日、警察庁のまとめで分かった。うち最多は「信号無視」で1万2472件。自転車乗車中の事故死者は427人で、うち329人(77.0%)に法令違反があった。

健康志向やブームなどによって自転車を利用する人が増え、警察は取り締まりを強化している。警察庁の担当者は「自転車は軽車両であるという意識が薄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]