/

この記事は会員限定です

首相・日銀総裁会談、円安警戒強める 政策選択に手詰まり感

口先介入、効果持続に限界

[有料会員限定]

政府・日銀が円安への警戒を強めている。9日、首相官邸で岸田文雄首相と会談した黒田東彦日銀総裁は足元の相場を「急激な変化」とし、「将来の不確実性を高めてしまう意味で好ましくない」と主張した。ただ、円買いの為替介入はハードルが高く、大規模金融緩和の変更は景気の腰折れを招くリスクがある。政府・日銀の対応には限界があるとの見方が円安に傾きやすい要因になっている。

黒田氏と岸田首相は9日昼に官邸で30分ほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン