三井住友信託銀、企業側の損失補償 「チェック甘かった」

2020/9/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三井住友信託銀行は24日、株主総会の議決権処理の誤りについて記者会見し、不適切な処理があったのは上場企業975社だったと説明した。「法的な妥当性の観点でのチェックが甘かった」(西田豊取締役)として謝罪した。企業で発生する損失は同社が補償するとしたが、信頼回復には時間がかかりそうだ。

三井住友信託は議決権行使書の集計をグループ会社の日本株主データサービス(東京・杉並)に再委託している。この委託先で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]