/

この記事は会員限定です

PCR検査も「SBG流」 価格破壊、利益出れば寄付

孫氏「この会社の1日もはやい解散を願う」

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)は24日、自社施設で新型コロナウイルスのPCR検査の受け付けを始めた。唾液を検体に調べるもので、検査料は1回2000円。国内ブロードバンド事業などで展開してきた「価格破壊」を持ち込み、検査利用者の裾野を広げる。孫正義会長兼社長は会見で「利益を上げるつもりはない」と説明し、あくまで社会貢献事業として展開する考えを強調した。

総合1面参照

「検査のみに特化したため、効率が良い。(検査キット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン