/

この記事は会員限定です

京急ミュージアム(横浜市)

往年の真っ赤な車両 映える

[有料会員限定]

1月にオープンした京浜急行電鉄の企業博物館「京急ミュージアム」(横浜市)。京急グループの本社ビル1階に実物の車両などを運び込み、整備した。体験型の展示を豊富に用意しており、大人・子どもを問わず楽しめる。

建物の外部からも目立つ真っ赤な車両「デハ230形デハ236号」は1930年に運行を始め、78年に引退した実車だ。現在の京急の礎を築いた車両で、景色が見渡せる大きな窓など、鉄道ファンの間では名車として知られてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン