/

この記事は会員限定です

蔦谷楽展 核問題 グローバルな視点で

「鳥獣戯画」的手法 平易に鋭く

[有料会員限定]

蔦谷楽(つたやがく)はニューヨークを拠点とする美術家だ。日米で核の歴史を綿密に調査し、絵画や映像作品として発表している。原爆の図丸木美術館(埼玉県東松山市)で開催中の日本初の個展「蔦谷楽 ワープドライブ WARP DRIVE」を訪ねた。

「1942年、グラスホッパー軍による最高警備の下で内密の任務が始まりました。コードネーム『マンハッタン・プロジェクト』」

英語のナレーションとともに、擬人化され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1784文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン