/

この記事は会員限定です

伊藤忠、廃食油で包装プラ 食品・日用品向け

年内に発売

[有料会員限定]

伊藤忠商事は使用済みの食用油を原料とするプラスチックの販売に乗り出す。関連技術を持つ大手樹脂メーカーのボレアリス(オーストリア)から販売権を取得した。再生素材を輸入し、伊藤忠が成型して2020年内に日本を含むアジアの食品メーカーなど向けに発売する。環境配慮型素材の需要が広がっているためで、初年度に約50億円の売上高を目指す。

廃食油を主要プラスチックの一つであるポリプロピレン(PP)に再生する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン