三菱系・日立系リース来春合併 収益源を多様化
コロナも契機、再編広がる可能性

2020/9/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三菱UFJリースと日立キャピタルは24日、2021年4月に合併すると発表した。新会社の総資産は約10兆円となり、オリックスに次ぐ業界2位となる。リース事業は長引く低金利で稼ぎにくく、新型コロナウイルスによる逆風も吹く。規模拡大で海外の再生エネルギー分野などを本格展開し、収益機会を広げる。コロナの打撃を受けるリース業界で再編の機運が高まる可能性がある。

三菱UFJリースを存続会社として日立キャピタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]