JR東、駅ナカ個室オフィス 1000カ所視野
テレワーク向け、商業店舗の誘客も期待

2020/9/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

JR東日本は「駅ナカ」や駅付近のシェアオフィスを増やす。現在東京駅など約30カ所ある拠点を東京近郊の主要駅などに拡大し、1年以内に100カ所とする。新型コロナウイルスの流行長期化で旅客需要は激減し、民営化以来最大の赤字が見込まれる。テレワーク利用者を鉄道や駅ナカの商業店舗に誘引し、減収の影響を和らげる。

今秋にまず千葉や大宮、新浦安など乗換客が多い駅を中心に17カ所に新設する。最も多い個室タイプ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]