迫真岐路に立つコンビニ(4) 勝負の「ラストワンマイル」

2020/9/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「ラストワンマイルを制す」。セブン―イレブン・ジャパン社長の永松文彦が最近繰り返している言葉だ。ラストワンマイルは店から消費者の自宅や職場まで、物流の最終区間を指す。この言葉が近い将来、コンビニの代名詞になるかもしれない。

7月、セブンの世田谷駒沢大学南店(東京・世田谷)ではオーナーがスマートフォンのカメラで弁当やおにぎりなどをスキャンしていた。程なくして配送車が到着。オーナーが商品を手渡すと、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]