三井住友信託、議決権集計1000社で誤り 株主の権利損なう恐れ

2020/9/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東芝の株主総会を巡り、議決権行使の集計を受託した三井住友信託銀行が適切に事務処理せず、一部の株主の意見が反映されない事態が起きたことが分かった。取締役選任の賛否などを記した海外投資ファンドの書類が期限内に届いたにもかかわらず、無効となった。同様の処理は約1千社に及ぶ。会社法で保障する株主の権利を損ないかねず、説明責任も問われる。(関連記事経済面に

三井住友信託は近く記者会見を開き、誤りを認める…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]