金、国内先物2ヵ月ぶり安値

2020/9/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内の金価格が大幅に反落した。23日の国内商品先物市場で金先物価格は1グラム6358円と、前週末の清算値と比較して238円(3.6%)下落し、7月22日以来約2カ月ぶり安値を付けた。欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大したことなどから欧米の株価が急落。これに伴う換金売り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]