ワイン造りで人生豊かに
国内有数の産地・長野が「職場」 ブドウ栽培や醸造学ぶ/県も新規就農者を支援

2020/9/24付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

国産ブドウを使い、日本で醸造した「日本ワイン」が人気だ。国内有数のブドウ産地である長野県でも定年退職後などにワイン造りに励むシニアが増えている。有休農地の活用にもつながるとして自治体も後押しする。豊かな自然の中でのこだわりのワイン造りに第二の人生を見いだそうという動きが広がる。

「最初は反対していた家族も今は応援してくれる」。長野県小諸市のワイナリー「テールドシエル」を立ち上げた池田岳雄さん(6…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]