開発難航、中止も相次ぐ

2020/9/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界の認知症患者は5000万人、50年には1億5000万人を超えるとする予測もある。その半数がアルツハイマー型とされる。英エバリュエートによると、アルツハイマー型の治療薬の世界市場は19年の19億1300万ドル(約2000億円)から26年に120億5700万ドルに拡大する。

ただし認知症薬は欧米の「メガファーマ」などが開発に挑むが難易度は高い。認知症のメカニズムはまだ完全に判明していないためだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]