UPDATE 知の現場東京理科大 スペース・コロニー研究センター 宇宙で暮らす技術 開発

2020/9/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京理科大学の「スペース・コロニー研究センター(向井千秋センター長)」は2017年、人間が宇宙で長期間暮らすために必要な技術を研究・開発するために発足した。学部・学科を超えた異分野融合型の組織で宇宙に挑む。食料用植物の効率的な栽培や水・空気の浄化など、使用できる資源が限られた宇宙という極限環境を生き抜くために必須な要素技術の創出を目指す。

■  ■

同センターは19年、宇宙航空研究開発機構(JAX…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]