楽天会長兼社長 三木谷浩史氏 モバイル革命にまい進

2020/9/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「人生は一度しかない。だからこそ何かを成し遂げたい」。出身地を襲った阪神大震災を機に日本興業銀行(当時)を退職し、1997年、楽天の前身企業を31歳で設立した。ネット上の仮想商店街「楽天市場」を中核として旅行サイトや金融、スポーツ、医療など次々と事業を広げ、今年4月から携帯電話事業の商用サービスも始めた。

いま最も力を入れるのが携帯事業だ。世界初の低コストの完全仮想化ネットワークによる「モバイル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]