春秋

2020/9/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

数年前、口座をつくるため訪れた銀行でこんな経験をした。運転免許証を提示し、問われるまま口座開設の目的を答え、反社会的勢力とは関係ありませんとの書類に署名する。あれこれ手続きを終え立ち去ろうとした瞬間、行員が「あ、お客様。寅(とら)年生まれですよね」。

▼虚を突かれ、おどおどしてしまった。「突然干支(えと)を聞く」は、他人になりすました詐欺師を見破る基本動作だという。それを白昼の銀行で試されたのだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]