三井不、定額「MaaS」 アプリで最短乗り継ぎ

2020/9/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三井不動産は年内にも、サブスクリプション(定額課金)型の次世代移動サービス「MaaS(マース)」を始める。2019年に出資したフィンランドのマース・グローバルと連携。三井不のマンションなどがある地域でバスやタクシー、自転車を手軽に使えるようにする。定額制のMaaS事業は国内で珍しい。

マース・グローバルの専用アプリを日本仕様に変えるなどして定額制を実現する。アプリでは駅までの最短ルートなどが把握…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]