原発事故の記憶、後世に 福島・双葉で伝承館開館 大画面で当時の状況/語り部が体験談

2020/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所事故などの記憶や教訓を後世に伝える「東日本大震災・原子力災害伝承館」が20日、同原発が立地する福島県双葉町で開館した。収蔵する資料約24万点のうち約170点を展示し、福島を襲った複合災害の経験を発信する。

館内は主に6つのエリアに分かれ、地域の平穏な日常から原発事故直後の状況、長期化する避難や復興に向けた取り組みを時系列で紹介する。当時の状況を映像やアニメーションで伝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]