ジャパンライフ 配当支出、収入の14倍超 長年「自転車操業」か

2020/9/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

磁気治療器具の預託商法を展開した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、2014年4月~15年3月の1年間、全国の顧客から預かった商品のレンタル料による収入が計約5億4千万円しかなかったのに、顧客には14倍以上となる計約78億円の配当を支払っていたことが19日、捜査関係者らへの取材で分かった。06年から粉飾決算を始め、10年には債務超過に陥っていた。

警視庁などの合同捜査本部は、元会長、山口隆祥容疑…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]