/

この記事は会員限定です

学生「サステナ起業」の波

貢献企業をサイトで紹介/廃棄生地ポケットチーフ

[有料会員限定]

1990年代半ば以降に生まれたZ世代の大学生がサステナビリティー(持続可能性)を重視する社会の実現を目指し、起業する動きが広がってきた。従来の若手起業家と異なり、利益の確保だけでなく、社会貢献が動機になっているのが特徴だ。「サステナ起業」に挑む学生たちの動向を探った。

今夏、サステナ起業家として頭角を現したのが、アレスグッド(神奈川県鎌倉市)の最高経営責任者(CEO)である勝見仁泰さん(23)。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません