コロナ入院、高齢者中心に 指定感染症の措置見直し案

2020/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は18日、新型コロナウイルス感染症について感染症法上の「指定感染症」として可能な措置の内容を緩和する案をまとめた。現状では入院措置はすべての感染者を対象にしているが、高齢者など重症化リスクのある人に絞り、医療現場の負担を和らげる。

9月下旬に厚生科学審議会(厚労相の諮問機関)の感染症部会を開き、政省令の見直しを決めて10月に改める。

厚労…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]