/

この記事は会員限定です

人口減 対応広がる

神戸市、空き家利用促進 明石市は子育て支援充実

[有料会員限定]

尼崎市と同様、阪神間や周辺自治体も人口減への対応に力を入れる。西宮市は阪急の大阪梅田、神戸三宮両駅にアクセスしやすい西宮北口駅周辺の再開発などを進め、2000年に約43万人だった人口は5万人ほど増えた。明石市は子育て支援の充実によってファミリー世帯を引きつけ、人口減を食い止めつつある。

神戸市は市郊外のニュータウンで急激な過疎化を招かないよう、空き家の利用促進などで住民の世代交代を進める。タワーマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン