外需不振直撃、策は乏しく

2020/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

タイ経済の現況は確かに厳しい。アジア開発銀行(ADB)が最近改定した成長率見通しでは、タイの20年通年はマイナス8%と東南アジアで最も落ち込み幅が大きい。新型コロナの感染抑止では世界保健機関(WHO)から「優等生」とのお墨付きを得たものの、外需の不振が主力であるモノとサービス(観光)の輸出を直撃している。

政府は外国人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]