あのころ世界は(1933年) 危機にこそ指導者の言葉

2020/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米ニューヨーク証券取引所で1929年、株価が大暴落したことをきっかけに不況が広がり、やがて世界は恐慌へと向かいました。米国では多くの失業者が生まれ、ニューヨークには6千人ものリンゴを売る人々がいたといわれています。

私が注目したのは33年に新大統領に就任したF・ルーズベルトの言葉です。要旨の一部を紹介します。

「私たちが恐れるべきものは恐怖そのものである」「この国には行動が、しかも今必要なのだ」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]