/

この記事は会員限定です

投資 政府機関、権限強化進む

[有料会員限定]

中国からの投資を制限するのは、米国の技術や個人情報の流出を防ぐのが狙いだ。手法として代表的なものが米国の政府機関である対米外国投資委員会(CFIUS)による審査だ。ここ数年は中国に関連する投資が審査対象となり、買収を断念せざるをえなくなるケースも増えている。

CFIUSは米政府の複数の省庁でつくる組織で、1975年の発足。大統領令によってつくられたが、複数の法律により段階的に権限が強化され、安全保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン