国際緊急経済権限法 「特殊な脅威」大統領に権限

2020/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

3つの規制と並行して対中制裁で補完的に幅広く用いられているのが国際緊急経済権限法(IEEPA)だ。安保や経済などに対する特殊な脅威が生じた際に、非常事態宣言を出した後、大きな権限を大統領に認めており、様々な大統領令の法的根拠になっている。

特殊な脅威に関しては「定義もなく、恣意的にも解釈されうる」(米国法に詳しい弁護士)。クーデターやテロ行為などに適用されてきたが「国単位に対してかけることが多く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]