『感染症の日本史』磯田道史著

2020/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

『感染症の日本史』磯田道史著 江戸時代の岩国藩では天然痘が流行すると、感染者らを特別に指定した村に住まわせ登城や外出を制限した。費用は領主が負担し、既に「濃厚接触者」に類する概念もあったという。大正時代のス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]