/

この記事は会員限定です

ローカル線は維持できるか

負担を分かち、交通税も 滋賀県知事 三日月大造氏

[有料会員限定]

人口減少が進むなかでローカル鉄道が苦境に立っている。JR東日本などが公表した収支で地方路線は軒並み赤字だ。国土交通省は国主導で協議する仕組みを設ける方針だが、地域の足は守れるのか。持続可能な公共交通のあり方などについて事業者や自治体のトップ、識者に聞いた。

明治時代は民営鉄道が頑張り、日本の発展を支えた。その後は国有化を経て、戦後に国鉄となったが、非効率さが際立つようになった。国鉄改革で今のJR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン