日銀総裁「新政権と連携」 23年春まで任期全う意欲

2020/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日銀は17日の金融政策決定会合で大規模な金融緩和策の維持を決めた。会合後に記者会見した黒田東彦総裁は、16日に発足した菅新政権と「しっかり連携して政策運営する」と述べた。2%の物価上昇目標も維持する。長期の未達が続いているものの、欧米中銀がなお2%をめざすなか、日銀が目標を下げて円高を引き起こす懸念を避ける。(関連記事経済面に

黒田総裁は安倍政権下で任命された。市場の一部で安倍晋三前首相の退任…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]